睡眠の質を高めるために入浴方法も変える

入浴方法で睡眠の質が高まる!

お風呂の入り方で、睡眠の質を高める事ができるようです

入浴

基本は

熟睡スイッチを入れるために最適なお風呂の温度は40℃以下のようです

40℃以下のぬるめのお湯がリラックスを促してくれるようです。
41℃や42℃は神経の関係上リラックスするためには好ましくないようです

かけ湯

湯船に浸かる20分以内

洗髪洗体

湯船に浸かる短時間

最近はトータルで40分以上お風呂に入っていたので、少し時間が短くすむなという印象

 

入浴方法は目的に応じて変える

便秘解消・美肌・むくみ解消・疲労回復etc

目的に応じて最適な入浴方法があるようです

自分に必要だなというのは「スポーツ後の筋肉の疲れを取りたい時」の入浴法!

この時は、42℃のお湯で5〜10分浸かり、シャワーで気になる部位へのマッサージや手足の末端を冷水シャワーで冷やした後入り直すといった方法

基本の入浴方法をベースに自分にあった入浴方法でリラックと疲労回復をして良い睡眠をしていこう

 

睡眠の質を向上させるために参考にしている本 入浴方法も!

広告