30代から始めたい 老化姿勢を防ぐ5つのストレッチ

老化姿勢を防ごう!

 

年齢を重ねるごとに体も硬くなりやすくなり筋力も落ちてきやすくなります

体の硬さ、筋力の低下からくる姿勢の老化をストレッチで防ぎましょう!

フラフープ
老化姿勢を防ぐ5つのストレッチ

 

1 胸の筋肉を伸ばす(大胸筋のストレッチ)

壁の横に立ち、一方の手を壁につく。
息を吐きながら体幹と顔を壁と反対側にひねってキープ

2 太もも前面を伸ばす(大腿四頭筋のストレッチ)

一方の手は壁につき、もう一方の手で同じ側の足のつま先を掴む。
息を吐きながら、掴んだ足のかかとを同じ側のお尻中央、外側、内側の3方向へ引き寄せそれぞれでキープ

3 太もも後面を伸ばす(ハムストリングスのストレッチ)

床に座って一方の脚を伸ばし、もう一方の脚をひざ下に
息を吐きながら骨盤を立てたまま前屈
伸ばした脚のつま先を天井、内側、外側に向けてそれぞれキープ

4 太もも内側を伸ばす(内転筋のストレッチ)

壁の前で左右の足裏を合わせて座り、つま先を壁につける
お尻の後ろ半分の下にクッションを敷き、骨盤を立てる
両手を壁につき、息を吐きながら上体を前に倒してキープ

5 ふくらはぎを伸ばす(腓腹筋のストレッチ)

壁を前にして立つ
一方の足を大きく1歩後ろに引いてふくらはぎを伸ばす
その際、つま先を正面、外側、内側に向けてそれぞれキープ

 

今回のストレッチは「世界一伸びるストレッチ」から紹介しました
より詳しく知りたい方は、ご覧になってみてください

がんばる女性の姿勢を変える 姿勢を変えて若々しさを手に入れる [ PR ]

運動が苦手!美しくなるための40代のための姿勢改善 [ PR ]

広告