ランナーに贈る あなたの膝の後ろに痛みがある4つの理由

あなたが膝の後ろに痛みがある4つの理由

 

ランナーとして、膝の痛は本当はお尻に痛みを持っています。(本当は痛みを感じてなくても)

しかし、膝の後ろにびっくりするような感覚があったり、腫れや硬さを感じている場合、次の5Kを粉砕したり、週末に公園で走っている友人と会うことができないかもしれません。

膝の後ろの痛みは-、対処するための大きな問題があることを意味し、それを無視することは、あなたの助けになりません。

膝の後ろの慢性的な痛みの最も一般的な原因をいくつか発見し、それを修正してすぐに元に戻ることができるようにする方法をお読みください。

ランニング膝裏

条件:ハムストリング腱炎

あなたのランの開始時に膝の後ろの突然の硬直や痛みを感じるが、最終的には、トレーニングに数分後に治まる場合は、ハムストリングに腱鞘炎があるかもしれません。

これは典型的には、より長い距離を記録し、ロードレース(ハーフマラソンやマラソンなど)に参加し、疲労や不適切な技術から十分な股関節屈曲ができていないランナーに発生します。

「あなたが走るとハムストリングスが疲れるので、同じ反復運動で足が減速できなくなるので膝の後ろに痛みを感じ始めますハムストリングの疲労を実行し、膝の後ろに痛みを体験し始めます」

バークレー、カリフォルニア州 Innersportカイロプラクティック パフォーマンス再生ラボのバイオメカニクスの研究者および創設者 Dr.ジェシカは述べています。
「下肢が振り子のように前方にスイングし、長期の間に何度もハムストリングに負担をかけるときに使いすぎが発生します。」

フィットフィックス
歩行分析を実行して、けがを悪化させているものを把握するスポーツ医師に診てもらってください。

「これは、どの筋肉が適切に動いていないか特定し、あなたのランニングフォームや技術の絵を描いてくれます」と
Dr.ジェシカは述べています。

多くの場合、弱いお尻の筋肉は膝の後ろの痛みのせいですが、骨盤の安定性(股関節屈筋のような)を強化することも重要です。

定期的にこの種の傷害を患っている患者を治療している、モンゴメリーのオーバーン大学の運動生理学の教授であるミケーレ・オルソン博士は、クラムオープナーの動きを試してみてくださいと。

背中をつけて横たわり、膝を曲げ、バンドループを膝の周りにつけます。
バンドを押して足を開く動きを25回3セット行ないます。
参考

画像元:Amazon

 

ランニング膝

条件:ベーカー・シスト(膝窩嚢腫 )
あなたが足を曲げてまっすぐすると、膝の後ろの腫れやしこりに痛みを感じるでしょう(水風船のように感じています)。

ランナーは1つのことをしているので、脚は非常に反復運動をします。

「速度や距離が変動せずに走りすぎるとす、軟組織および膝蓋後面を刺激することで膝周りの軟骨の過剰な擦れが発生する可能性があります」オルセン氏は述べています。

フィットフィックス:
反復的な膝の曲げ伸ばし動作の過度の酷使から膝の後ろに嚢胞が生じる液体の蓄積につながります。

トレーニングから休息の時間を取ることができますが、これを治療するための最良の方法は、注射を受けたり、液体を引き出すために吸引スポットを持つことです。

しかし、Dr.ジェシカはマニュアル療法または、負傷者を治療するためのマッサージの特別な種類アクティブリリーステクニック(ART)を提案しています。

これは、ハムストリングの瘢痕組織を分解し、膝の後ろの痛みを和らげることができます。これは症状の軽減に役立ちますが、関節炎や半月板断裂を持っている場合は、ベーカーシストが再発することがあります。

 

ランニング膝

条件:トーン・メニスカス(半月板損傷)
膝は突然の落下やねじれ、あるいは磨耗により裂けることがあります(この軟骨は馬蹄のような形をしている)

上下の脚の骨の間に位置する半月板に裂け目もたらします。

この軟骨は、簡単に年齢とともに磨耗されます。

小さな裂け目は2〜3週間で良くなる軽い腫れになります。

より穏やかな裂け目は、膝を曲げたときに痛みを引き起こすタイプです。

痛みは数週間後に離れて行くかもしれないが、それは酷使すると簡単に再発します。
半月板断裂の最も深刻な場合は、歩くことが難しくなり、膝はぎこちなく感じるかもしれません。また、何らかの活動中に膝が突然動かなくなることがあります。

フィットフィックス:
MRIはあなたの怪我の重症度を教えてくれますが、アイシングと休息を繰り返すことで半月板損傷が良くなるのを助けることができます。

医師は、物理療法を提案することができます。
膝関節を強化するクワッドセットやクラムオープナーのような股関節強化練習など、作業を進めるための特定の動きが与えられます。

しかし、痛みや腫れが続く場合、手術は修復し、損傷した軟骨を除去するための最善の策です。
あなたは数ヶ月間、足を使うことができないかもしれませんが、松葉杖を捨てて再び走ることができれば、あなたはワクワクしますよ。
参考

画像元:Amazon

 

ランニング腓腹筋

条件:腓腹筋腱炎
これは、膝の後ろに交差し、膝関節の上に付着するふくらはぎの筋肉です。

腓腹筋腱炎は、膝が伸ばされたときにつま先が上を指し、ひいては腱を引っ張るときにひどくなる可能性があります。

Dr.ジェシカは次のように述べています。
「これは、不適切なフィットや体の疲れた筋肉のために、ランナーよりサイクリストに多く見られます。」
バイクの座席が高すぎたり遠すぎ帰ってきた場合、あなたのふくらはぎの筋肉が弱い立場に置かれます。

お尻の筋肉が自分の仕事をしていない場合、彼らは特に重い登山や上り坂を登ることで、ひどくなります。

フィットフィックス:
RICEの治療(安静、氷、圧迫、高くする)に従って腫れを抑え、ランニングのために外に出るときには、ふくらはぎのスリーブを着用を試してください。

2XU Compression Calf Guardのようなスリーブは、筋肉をサポートし、癒しを開始するときの緊張を軽減します。

これがライディング中に発生した場合は、認定されたバイクの専門家または自転車専門の医師を探すことをDr.ジェシカは推奨します。

参考

画像元:Amazon

本記事は、下記記事を翻訳したものです。
情報源: 4 Reasons You Have Pain Behind Your Knee | Fitness Magazine

広告