ストレッチの効果を高めるのは体温!?

体温でストレッチの効果が変わる!?

 

体の柔軟性を高めるためにストレッチをしていると

 

より効果的にするにはどうしたら良いのか?

 

というのは、気になるところですね。

 

ストレッチの効果を高めるために大切にしてほしいポイント

 

体温!

 

なぜ体温が大切かというと

筋肉は温められるほど伸びやすくなるのです

 

「やってはいけないストレッチ」から引用すると

体温が高い状態の筋肉

筋肉そのものの緊張が取れるのに加え、筋繊維に含まれるコラーゲンが柔らくなり
弱い力でも伸びやすい。血管が拡張し血液の循環も活発になる

 

体温が低い状態の筋肉

筋肉が熱を生産するために緊張し、コラーゲンも硬くなる
その結果、筋肉も伸びにくくなる

 

ここからもわかるように効果を高めるためには

まず体温を高めてからストレッチをすること!

柔軟性を高めるためのストレッチは午後からするのがベスト!

 

時間帯によるストレッチの心得

ヨガ

特に、寝起きというのは一番体温が低い時間帯なので
柔軟性を高めるのには向かない時間帯になります

 

しかし、朝しか時間がないというような場合

ギューギューと伸ばすのではなく体のスイッチを入れるつもりで

少しづつ伸ばしていくことで体のスイッチを入れて活動しやすい状態にしましょう。
そうすれば1日の動きがよく固まりにくい体にしていくことができるでしょう。

 

夜、仕事から帰ってからの時間という人は

入浴後がおすすめ!しっかりと湯船で体を温めてからストレッチをするように
心がけてみましょう!

 

*本記事の引用はやってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)より引用しています

 

 

関連リンク
ほとんどの人のストレッチする時間が短い!

ストレッチは1日何回やったらいいの?

ホットヨガは、身体が温まっていなくても筋肉を伸ばしやすくなる

オススメ特集!

ユニクロ美尻サッカーマンガ

広告