ほとんどの人のストレッチする時間が短い!

本当にストレッチできてる?

ストレッチ

ストレッチなど柔軟性を持たせる運動しているんだけど

 

柔らかくならない!

 

そんな声をよく聞きます。

 

しかし!

 

本当に十分な時間ストレッチしていますか?

と聞きたいくらいです。

 

実際によく話を聞いてみると、5〜10分程度のストレッチな人がほとんど!

 

これでは柔らかさには、つながりません!

 

これは、ストレッチのみをしている人、スポーツのためにしている人両方に当てはまります

 

スポーツの前の準備運動として、おこなうにしても

動く時間の2〜3割は最低ウォーミングアップに使いましょう!

ストレッチのみの人も2〜30分は必要!

 

オススメしている本「やってはいけないストレッチ」の中でも

筋トレや有酸素運動、スポーツにかける時間の2〜3割は時間をかけてストレッチしてみてください

と、あります。

 

スポーツだとウォーミングアップに2〜30分、クールダウンに2〜30分かけることをオススメします

先ほども言いましたが、
家でストレッチのみしている人でも、2〜30分は必要ですね

サッカーや野球などのスポーツ界においても、ストレッチを疎かにしている人はケガが多く
選手生命も短いものです。逆にケガが少なく、長い年月高いパフォーマンスを維持しているトップアスリートになると
運動前後だけでなく、自宅でもしっかりストレッチをしています

 

体を鍛えることも大切ですが、ケアすることもそれと同じように大切!

体の故障予防のため(一般の腰痛やひざ痛も含む)

体の柔軟性を高めるため

自分のしているストレッチの内容を見直してみましょう。

 

*本記事の引用部分はやってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)より引用しています

 

関連リンク
1人でやるよりも2人でやればより効果的!野球に役立つパートナーストレッチ

「加齢で体硬くなる」はウソ 柔軟体操2週間の成果

股関節の痛み・違和感ストレッチ【股関節症改善プログラム】

オススメ特集!

ユニクロ美尻サッカーマンガ

広告