開脚を始める前におさえておきたい7つのポイント

基本をおさえておこう!

 

開脚が出来るようにストレッチを始めました
4週間で開脚が出来るようになるか?!

そこで

4週間という制限があるためより効果的におこなうために

ストレッチの基本をおさらいしておきます!

体が硬いと思っている人ほどこのストレッチの基本を忘れてはいけません

 

しっかりと基本をおさえてストレッチをしてみましょう!

 

ヨガ

 

ストレッチの基本

 

・体温が高い時がベスト

筋肉は温められるほど伸びやすくなるので、体温が高い
有酸素運動を行った後や入浴後がベスト

体が硬い人ほど、体温を高めてからおこないましょう!

ストレッチの効果を高めるのは体温!?
 

・狙った筋肉が動きやすいフォームでおこなう

ストレッチでは、筋肉を最大限に伸ばしつつ
関節に負担がかからないようにおこなうのが基本

無理をしておこなわず、しっかりと筋肉を伸ばせるポジションを探そう!

 

・重力を味方につける

筋肉は、縮む方向にしか力を発揮しません。
筋肉は他の力で引っ張られることでストレッチされます。

そのためには、伸ばしたい筋肉をリラックスさせることが重要になるので
重力(体重)を使うことが効果的。

伸ばしたい筋肉を意識せず、リラックスして体の重さで伸ばそう!

効果的なストレッチをしたいなら重力を使え!
 

・ウェアに注意

ストレッチはリラックスすることが重要なので
圧迫するウェア(コンプレッションシャツなど)は、着ないようにしよう

 

・呼吸をする

しっかり伸ばそうと呼吸を止めてしまう人も多いですが
呼吸を自然に楽にすることで、神経がリラックスし筋肉も伸びやすくなります。

呼吸を止めないように注意!

 

・柔軟性には左右差がある

体の柔軟性には、左右差があることがほとんど。
硬い方側のセット数を多くするなどし、左右のバランスを整えよう!

ほとんどの人のストレッチする時間が短い!
 

・動的ストレッチをする

静的ストレッチ(止まっている)よりも動的ストレッチ(動かす)
の方が筋温も上がり伸びやすくなります

揺するようにしながらだんだんと大きく動かしていきます。

時間がかかりますが、動的ストレッチは筋温を上げながら
ストレッチできるので、より伸ばしやすくなります

 

 

 

体が硬い人ほど

しっかり伸ばそう!

今よりもっと!

と力が入ってしまいやすいです

体温(筋温)を上げる、リラックスさせる
というポイントをおさえてストレッチをおこないましょう!

より詳しくストレッチの基本をおさえたいという人は
こちらの本が役立ちますよ
やってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)

 

PR
坂井博和先生の【股関節症改善プログラム】

オススメ特集!

ユニクロ美尻サッカーマンガ

広告