本音で生きているか?堀江貴文「本音で生きる」を読んでみた!

堀江貴文ことホリエモン!の本

堀江貴文「本音で生きる」

本音で生きる 1秒も後悔しない強い生き方

を読んでみました!

ホリエ本は、けっこう持ってます。

 

まぁー色々と参考にしてみているのですが

 

なかなか「本音で生きる」という部分を実践できていない(´・_・`)

タイトルまんまなんで買ってみたという流れでございます!

 

前置きは、そこそこに

 

内容と感想をザックリ言うと

 

今まで本に書いてあることとほぼ同じ!

 

当たり前といえば、当たり前だと思いますけどね・・・

 

堀江貴文さんの、生き方をベースに書かれているので、根本的な部分というのは変わらないでしょう!

 

しかし

 

言い方というか書き方、表現の仕方が違うので

 

今までの本では何とも思わなかった部分がスッと入ってきたり

感じ方が違ったりすると思います。

 

その中でも、気に入ったフレーズをあげてみます!

本音を言って何がまずい?  そもそも、本音を言って、何がまずいのだろう。  言いたいことを言っていると、自分の居場所がなくなってしまうとか、職場なら上司から嫌われて職を失ってしまうとか、同僚から陰口を叩かれて嫌な思いをするとか、そんなところだろうか

相手がどう思うか?

そう考えてしまうと、本音が言えなくなってしまいますよね?僕は、そんな傾向があります。

そんな中でも「どう本音を伝えていくか」を大事にしていきたいですね。

ああ見えて、堀江貴文さんも初対面の人に対しては、言わなくてもいいことは言わないなど考えているそうですよ。

なかでも、今すぐやめるべきは、こんな言い訳だ。 ・お金がないから・時間がないから ・凡人だから、才能がないから ・やり方がわからないから

本やそれ以外の場所でも、よく言われている言葉だと思います。

堀江さんじゃないけど、小田よしおさんが

「地方だからダメとか言ってる奴は、どこ行ってもダメ」

みたいなことを言っていたのを聞いてから、住んでいる地域関係なくできることをやろうと決めています。

このサイトやYouTubeなんかも、そんな思いもあり続けています。

時間がない人の中には、こんな悩みを持つ人も多いと思う。しかしなぜ、仕事に優先順位をつける必要があるのだろうか? 優先順位をつけることにだって手間はかかる。そんな時間を浪費することなどない。片っ端から仕事をこなしていけばいいだけだ

あれもこれもで手がつかないこともあるので、とりあえず手をつけることから始めよう!

そう思い直させてくれます。

まだ気に入ったフレーズは、あるのですが長くなるのでこの辺にして

実際、この本を読む前から知っているフレーズなのですが
全体的な表現の仕方が違ったりする部分もあるので、頭に残ったりします。

 

なので、他のホリエ本を読んでいる人でも自分の意識に変化を持ちたい人は読んでみると良いと思います。

 

ただ最初に

本当にやりたかったり切羽詰まっていたりしたら、もう動いているはずなので、こんな本を読んでいる場合ではないだろう

 

とあるので、今までと言っていることが根本的に同じなんだと思う人にはオススメしません。。

行動しましょう!

 

そして

 

最後に一番大切にしたいことを!

もっとも、僕はそもそも「やり方」なんてものはなくて、すべてが「トライアンドエラー」なのだと思っている

 

 

広告