まだ長文ブログ書いて消耗してるの?

頑張って長文書いても読まれてないかもしませんよ!?

 

らくふくさんのブログ記事(2015年と古いけど)スマホ利用者のネットの使い方は、ブログのようなテキストを読むというより、簡単に見ることのできる動画中心の人が多く、テキストは読まれなくなるのでは・・・という様な内容が書かれてる

情報源: スマホ時代にテキストを読んでもらえるって思ってること自体ヤバいよね | らふらく^^ ~ブログで飯を食う~

スマホがさらに浸透していけば、動画と接点を持つユーザーは確実に増えていきます。テレビを考えれば明らかなように、多くの人はテキストよりも動画を好みます。

頭を使わなくていいですからね。なんとなくテレビをつけて時間を潰す人と、あえて小説や本などでテキストを読む人、どちらが多いかは自明ですよね。

このように、ユーザーがコンテンツに接する将来的なシーンを考えるために、今のうちから動画を研究しておくといいですよ。

 

やはりホリエモンは先を見る力がある!?

 

この記事を見たとき、そういえば堀江貴文さんも同じこと言ってたなーと思い出して、らくふくさんより先に言っていたのでホリエモンドットコムで調べてみると、2014年3月16日なんです。

情報源: 紙媒体中心のライターだろうが、ウェブ中心のライターだろうが、ダラダラと長文書く奴は皆カス。 | ホリエモンドットコム

むしろ、Twitterとかやっている人って短い文章でまとめる訓練してることが多いから、簡潔に書ける能力ある人おおいんじゃないかなーって思うんだよね。でも確かに放っておくとウェブライターもダラダラと長文書く人多いよね。ウェブメディアもページを分けてPV稼ぎたい欲求あるからそうしちゃうのかもしれないけど。スマホ時代は、1-2画面くらいで見られる文章量が丁度いいと思うんだ。400-800字程度。

 

ホリエモンドットコムは、記事リンクと堀江さんの「いいね」とか短い一言コメントのキュレーションとブログ、ホリエモンチャンネルで構成されていて、僕のこのサイトも真似して始めました。

だから最初の内はニュース記事やコラムを探して一言コメントの記事をアップし続けてました。最近は、もう少し長い文章を書き時始めましたが。

ようやく時代が追いついてきたなー!

 

って感じてます。

 

堀江さんのやり方は先取りなので、1〜2年後にインフルエンサーと言われる人たちがやり始めてる感がありますね。
らくふくさんも、1年後くらいに上記のような記事を書いているし、最近ではイケダハヤト氏がnoteだVRだって言っていますが、堀江さんは1〜2年前からすでに言っていましたからね。

 

ただ、堀江さんは先を行っているので、堀江さんが「今からはこう言った時代が来る」と言ったタイミングで取り組み始めると早すぎる可能性もあります。

・最初は全然だったnoteが流行り始めたのは、イケダハヤト、はあちゅうが始めてから。

・VRも最近色々デバイスが出始め、盛り上がりを見せつつある。

・長文は読まれないのでは!?と言われ始めたのも最近。

 

これからは、ブログのスタイルも変わっていくと思われるので、サクッと読める要約された文章、サクッと観れる動画に力を入れていく事がさらに重要になってくると思います。

 

 

堀江貴文さんの行動や考えはTwitterやサイトをチェックしておくと良くわかると思います。

ユーザー目線から見た先取りのタイミングは最近のイケダハヤト氏をチェックすると良いでしょう。

プロブロガーによる「ブログ運営の教科書」初級編 (イケハヤ書房)

 

オススメ特集!

ユニクロ美尻サッカーマンガ

広告