クリスティアーノ・ロナウドに学ぶ歯の大切さ

スポーツと歯の関係性は、かなり高いと言えます。

歯並びが悪いと力の入り方やボディバランスも悪くなりやすく、パフォーマンスの低下につながってしまいます。

あのクリスティアーノ・ロナウドも歯列矯正をしており、矯正のために前臼歯を何本か抜くということをしています。
歯の矯正が終わった後でも、インビザラインという歯列矯正用のマウスピースをしているそうです。
クリスティアーノ・ロナウドの「心と体をどう磨く?」より

 

歯の矯正前後のクリスティアーノ・ロナウド

レアル・マドリード所属でポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手(Cristiano Ronaldo)の前歯の画像です。
情報源: クリスティアーノ・ロナウド選手の前歯の画像(歯列矯正) | 僕の審美歯科ガイド|前歯の差し歯治療で後悔しないための情報源

参考サイトを見てもらうと分かりますが、メッシも歯並びがとても綺麗です。

全ての選手が歯並びが綺麗というわけではないですが、かなりの選手の歯並びが綺麗なこともわかると思います。

顎顔面に不具合があると筋肉の働きに支障をきたし、腰痛や骨格の問題を引き起こす可能性もあるということでクリスティアーノ・ロナウドは歯の治療をしたそうです。

トップクラスの選手は、レベルアップするためにほんのわずかな可能性にもかけています。
テクニックなどのトレーニングも、もちろん必要ですがこう言ったことにも手をかけることも重要です。

今からプロを目指す選手や現在プロ選手も上を目指すために、テクニック面以外で何ができるのか?何をする必要があるのか?を考えることでレベルアップできるかもしれません。

歯列矯正する以外では、マウスピースで噛み合わせをカバーすることもできます。接触プレーがない競技でもつけている選手もいます。自分のできる方法で小さなことから変えていくことが大切。



PR

広告