顔面に頭突きをくらい大量出血の山口蛍のケガは…

日本対シリア

W杯アジア2次予選最終戦の日本vsシリアで、顔面に頭突きをくらい大量大量出血し、タンカで運ばれ退場することになってしまった、山口蛍。

試合後は、病院に直行し精密検査を受けることとなったようですが

負傷交代で病院直行の山口蛍、鼻を中心とした打撲と診断…都内で精密検査へ | サッカーキング

検査の結果は・・・!?

J1リーグ戦、ぜんぶ、生! スカパー!簡単申込

カテゴリー&推し記事

image

 

image

 

image

後半、負傷したMF山口は担架で運ばれる(撮影・江口和貴)<W杯アジア2次予選兼アジア杯予選:日本5-0シリア>◇E組◇29日◇埼玉日本代表MF山口蛍の顔面に相手選手の頭部が直撃し、試合後に都内の病院で「鼻骨骨折、および左眼窩(がんか)底骨折」と診断された。後半10分にMムバエドと激しく接触。相手の頭が顔面に入り、倒れて動けなくなった。鼻からは大量の出血がありメディカルスタッフが止血。DF吉田ら

情報源: 顔面強打の山口蛍 鼻、眼窩底の骨折で独出発も延期 – グノシー

眼窩底骨折とは目の中の緑色が付いている部分
保存療法では1〜6か月程度の回復期間が必要だと言われています。
どの程度の状態かはわからないですが心配ですね。

眼窩底骨折

 

 

 
J1リーグ戦、ぜんぶ、生! スカパー!簡単申込
 

TOSHIブログ

image

 

ストレッチポール

[PR]楽天ショッピング

アウター・レディースファッションショッピング

トップス・レディースファッションショッピング

ボトムス・レディースファッションショッピング

機能性インナーのショッピング

スポーツウェアのショッピング

広告