キレイな姿勢になるために必要なこと

よくカラダ歪んでますか?骨盤歪んでますか?など、整体屋なので聞かれるのですが、クセや仕事の内容などにより、みんなある程度歪みは有ります。

歪みは、当然少ないほうが良いし、歪んでいれば修正したいと思うところですが・・・

どんなに修正しても、上で言ったようにクセや仕事などにより歪みというのは生まれてきます。
そこで、姿勢を変えていくために大切な事。

自分のカラダを知る!

自分のカラダを知らないと、どんなに他人に修正してもらっても良い姿勢なのか?悪い姿勢なのか?生活の中で、どう変化しているのか?
まったくわかりません。
自分のカラダの状態を知るというのは、カラダを変えていくための第一歩!
今回は、自分の姿勢を知るためのチェックポイントを伝授します!

黄色のポイントがチェックポイント!
まずは正面から、両目、両肩、両脇、腸骨(よく腰骨というところ)、足首、この左右のポイントを線で繋いで傾きをみてみましょう!
一人で見る場合は全身鏡でみてみたり、スマホのセルフタイマーで全身を撮ってみると確認しやすいです。(この画像はセルフタイマー)

Processed with Moldiv

Processed with Moldiv

横からは、耳、肩、大転子(横尻をさわると丸く骨が確認できる場所)、膝、くるぶしにポイントをつけて一直線になるかどうか?を確認します。

左右で違いがあるので左右とも確認しましょう!
鏡で見る場合は、耳が確認しにくいと思います。なので、だいたいで良いです。
まずは、自分の体を診るということをすることが大事!

横から見て左右が違うということは、体がいわゆる捻れているということになります。
この画像だと左はそうでもないけど、右は前に出ていますね。

みんながきになる骨盤のチェック
骨盤が前に倒れているのか?(前傾)後ろに倒れているのか?(後傾)を知るためには
image

image
このように、腰骨(腸骨)と腰の方側の骨(上後腸骨棘)の高さの違いが指1.5~2本分ならOK
それ以上3本とか4本とかなら前傾
1本とか同じとなると、後傾
と見ると大雑把ですが、わかりやすいです。

あわせて、横尻の大転子の位置も前なのか?後ろなのか?というのをみると、なおよいです。
image

こうしてみていくと、よく肩甲骨を後ろに引いて背中に寄せた方が良いと見たり聞いたりすると思いますが、自分の肩甲骨が後ろに引けていたらする必要がない、といった風に

どういったエクササイズを行えば良いか?
姿勢を良くするためには何がたりないか?
どこを意識したら良いのか?

というのがわかってくると思います。

そのためにも、まずは自分の体をチェックして、しりましょう!

この本を読んでもらうと、より自分のカラダを知ることの大切さを深く知ってもらえると思います。

DVDブック ボディ・マッピング: だれでも知っておきたい「からだ」のこと (DVD BOOK)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中