専門家が新規ファンの獲得機会を無くしている!?

パーソナルトレーナーの敷居を高くしているのはトレーナーなんじゃないかなぁと。

僕は、整体屋なのでトレーナーを例にして書いていますが、どの業界でも通じるんじゃないのかなと思います。
ツイッター、ブログなんて見てると、けっこう専門家です!アピール強いトレーナー多いなと思っているところに、こんな記事を見つけたので、ちょうど良いじゃないか!と書きました。
この記事には
・専門家の話が分からない、一般人の気持ちが分からない – 雪見、月見、花見。

専門家にとって、専門用語や専門概念は、専門家が専門家であるために不可欠なものであるのですが、同時にそれらを知らない一般人との距離が開くことになります。

こちらの記事は、ピラティスは難しいという声があったという内容
・ピラティスは難しい???|「背骨から美しく」西村由美の武庫之荘ピラティスライフ

「ピラティスって 難しい というイメージがある」
と言われてしまったことがありました。

誤解のないよう補足しますと、彼女の中でピラティスは
「身体づくりへの意識が高い方が好まれるエクササイズ」
という印象をもっていた、ということだったんですね。
だから、ヨガに比べてピラティスは少し敷居が高い、と。

専門家だから知識あります!アピール別に悪くないんだけど、普通の人が取り組みやすいように説明されいる記事などに対して、「もっとこう考えてやらないと」みたいな事を専門用語や英語を入れて突っ込んでるんだけど、その後の説明ないのよね。
そういう人に限って。(ブログなんかだと、詳しくしりたい人は、当店へ!や当院に!みたいな感じで締めてるね)

そこに突っ込むと「簡単には言えないから」

は?なにそれ?

って感じですよ。



さらには、「自分で調べろ」

は?

ですよ。

全然知識ない人に説明できないと意味なくない?
僕は、一応整体屋なんで、知ってたり、知らないことだったら調べたりしますけどね
普通の人は、調べたりしないでしょ。

そうすると、エクササイズは知識がないとできないとか、トレーナーに見てもらう人は、ある程度本気でやっている人って思うようになっちゃうと思うんだよね。
中には、詳しそうだから頼もう!って思う人もいると思うけど、これではフィットネスやボディケアが広まらないよね。

結局は、パーソナルトレーニングは敷居が高いと思われるのって、こういう人たちが自分自身で作ってるんだと思う。

僕は、もっとフィットネスやボディケアの底辺層を広めていきたいと思っているので、専門家に知識無いと思われても興味を持っってもらえるように出来るだけ軽く伝えたり色々な記事などを集めていきます。

こういう本読んで、自分でやってみる!とかネット記事読んでやってみるとか!でも十分!

やってはいけないストレッチ (青春新書インテリジェンス)

やってはいけない筋トレ (青春新書インテリジェンス)

それでも、一人ではやりきれない部分や上手く効果が出ない事が出てきた時にトレーナーの出番です!
(と、思っているから商売っ気がないといわれるのかな・・・)

 

 


 

介護福祉士の声で生まれた【介護求人ガイド】
株式会社アスカ

薬剤師の転職完全無料サポート!【メディナビ】
薬剤師の求人・転職サイト【メディナビ】

もう人間関係で悩まない!自分らしく働ける職場がみつかる【保育士求人サイトFINE!(ファイン)】
保育士の求人・転職・募集情報は保育士転職サイト【FINE!(ファイン)】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中