スポーツジムでは、教えてくれないストレッチポールの使い方|アクティブセブン

今回は、アクティブセブンというエクササイズのレッスンです。
アクティブセブンは、骨盤を安定性アップと股関節の可動性アップを目的としています。

アクティブセブンは、コアスタビライゼーション要素(体幹の安定性)の要素が強いため、効果を十分に引き出すためには、体の歪みを取り除いておく事が理想です。
アクティブセブンに入る前に、ベーシックセブンやペルコンを合わせて行いましょう!

それでは、アクティブセブンを見ていきましょう!

まず基本姿勢が一番重要だと思って下さい。
腰骨・恥骨にかかる圧力が、均一になるように姿勢をとりましょう。
腰骨に圧力がかかる人は、骨盤前傾。恥骨に圧力のかかる人は、後傾だと思ってください。左右の差もある場合があるかと思います。その場合は、ベーシックセブンやペルコンなどでバランスを整える方が先決です。

image

予備運動
大きく動かすのを目的とせずに、骨盤の3点の圧力が変わらないように動かす様にしていきます。

主運動
上肢リフト : 肩甲骨周りの活性化をはかります。親指が上を向いたまま耳の高さくらいまで挙げましょう。
image

下肢リフト : お尻周りの筋肉の活性化です。お尻周りを活性化させるのが目的なので、腰が反る様に脚を高く挙げる必要はないので気をつけましょう!
image

上肢下肢リフト : お尻から肩甲骨周りの連動性を引き出す運動です。この連動性が良くなる事で、歩いたり、走ったりの動きを良くしていく事が出来ます。
image

このエクササイズは、元はランナー向けに考えられて作られていますが、立つ・歩く・走るというのは人に共通した基本動作なので誰でも行った方が良いです。
キレイに立てる・歩けるなどキレイな動作も手に入れる事が出来るでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中