目的は成果なのか努力なのか|為末大×AERA 白熱ウェブを読んで

努力なんて他人の感想だ!

 

HUFF POSTの「目的は成果なのか努力なのか|為末大×AERA 白熱ウェブ」から。

 

こういう話しになると、努力型の方が良い印象を持たれやすい様な気がしますね

スポーツであれば

やたらめったら練習している人

仕事であればバタバタと忙しそうにしている人

 

で、成果を出す事が重要と言うと、結果が出ればなんでも良いのか?と言われやすい

 

しかし

 

結果を出す事を目的とするという事は、結果が出るための事を最大限にするという事ではないでしょうか?

 

走るトレーニングをしたとすると、30分走ったと言う人と1時間走ったと言う人がいたら
結構な人が1時間の人を評価すると思います

 

本来そのスポーツが30分走る体力があれば十分だとすればその方が効率的で他の練習にも時間が回せます。

 

ボクシングでよくロードワークをすると聞くと思いますが
ロードワークでいくら何十キロと走ろうと基礎体力は上がっても
ボクシングの競技をするための体力とは関係ありませんそれならば
必要最低限の距離のロードワークを日々続けた方が良いでしょう。

 

つまり、結果が出るための事を最大限する!というのが1番だと思います。
楽になるのは結果的であり効率的にするから楽なのでは無いと思います。

 

必要なのは

どうしたら結果に繋がるのか?を考え

課題を見つけ

解決に向けて動く

こと

 

その結果、他人が見て
「努力している、頑張っている」
と言われるだけだと。

努力している、頑張っているというのは
他人の感想なのでそこに何かを求めてもしょうがない

練習の成果を試合で見せるスポーツと仕事では少し違ってくるのかもしれませんけどね

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中