ホリエモンが病院で待たされた挙句診療受けれず帰ったらしい

ホリエモン、病院で診療受けれず!?

 

今回は、

HORIEMON.COMのBLOG
「慈恵医大病院で散々待たされた挙句診察受けられず1080円払って次の仕事に行った話」
を読んで、思った事を書いてみる

 

仕事で個人病院に入っているのだけれど
堀江さんの言う通り診察までいつまで待ったら良いのか分からずに
イライラしている人は多い。

 

そこで、堀江さんは

説明員や混雑状況をWEBで見られたりやメール・LINEで知らせるなどの
提案をされている。

地方の個人病院でもPCに強い院長がいる所は、
ネット予約、予約時に
現在何人待ちなど事前に分かる様になっているところもあるが
(受付もバーコード読み取り)

そういうシステムですら入れている所の方が少ない。

 

現在は色々なシステムが出てきていますが

情報源: 医療向け表示システム「MediTrend(メディトレンド)」 : 富士通フロンテック

使い勝手はどうだろう?

病院側ではなく、患者の使い勝手ね

 

 

なぜ、この様な状態になっているかと思うに

 

都会の方の病院は分からないけど
地方の個人の病院なんかだと

院長にそういうスムーズに事を進める大切さが
分かっていない人が多かったり
機械に疎かったりすることもあるだろう

 

また、そういった状況でも患者が我慢強く待っていることも原因になっているだろう

 

帰ってから「長い時間待たされた!」と
愚痴る人は多いと思うが
病院側に直接言う人も少ないので
改善意識が生まれないのでは?

 

喧嘩腰になってはいけないけど
意見を伝えていくことは大事だと思う。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中